本文へ移動

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

台風つづき

2018-10-11
暑い夏が終わったかと思ったら9月に入ってからは雨が続き、台風もいくつか発生し幸い我が家は被害はなかったものの、「シャッターが壊れた」とか「カーポートの屋根が飛んだ」などの被害を身近な人から聞いたりもしました。私はいつも仕事帰りに農道を通って帰るのですが、今年は畑の様子が例年と違うなあと思っていたところ、碧南の特産品「へきなん美人」台風でピンチと新聞に書いてありました。
この時期だとまだ暑い中、にんじんの間引きをしている姿をよく見かけるのですが、間引きどころかにんじんが育っていないのです。私の実家が兼業農家でにんじんを生産していましたが、台風でにんじんが流れてしまって種をまきなおすことはありましたが、今年は既にまく種もなく、まく時期も過ぎてしまっている様です。そんな記事を読んで子供のころ畑について行き、規格外のにんじんを使って包丁でにんじんをきざんで「ままごと」をやっていたことが贅沢な遊びだったなあと思いました。
こんなに雨や曇りが続いているとカラッと澄んだ秋晴れや田んぼの一角に作られたコスモス畑、稲刈りをしたあとの田んぼ。ふだん通勤で見かける当たり前の様だった秋の光景が今年はなかなか見る事ができません。台風25号が過ぎたあとは秋らしい天気になるのでしょうか?生産農家さんの為にも晴れ間が続き、年末には我が家の食卓にもおいしい碧南のにんじんが食べれます様に…。(洋子)

感謝

2018-09-28
野球に明け暮れていた中3の息子が、先週大会をすべて終え、引退することになりました。
部活とは違って、いろいろな学校から野球が大好きな仲間が集まったクラブチームでの活動は、技術の向上だけではなく、仲間との絆、信頼できる指導者の方々との出会いを通して約2年半、とても楽しくて充実していたと思います。私も一緒に仲間のお母さんたちとenjoyできました。
最後の大会「クラブチーム選手権 愛知県大会」では、あと一歩及ばず残念ながら2位という結果に終わってしまいましたが、ここまで勝ち上がってきた大切な仲間に『感謝』の言葉しかありません。
この楽しかった思い出を胸に、今度は受験!がんばれ~!!とエールを送りたいと思います。(by山田)

三河弁

2018-07-18
こんにちは。スタッフの粟津です。
毎朝NHKの『半分、青い』を楽しみに見ています。
主人公の鈴愛(スズメ)ちゃんが岐阜の子という設定なので岐阜弁をしゃべるのですが、それが我らが三河弁と似ていたり、共通するところがあってそれも興味深いです。
「けなるい」なんて、碧南でしか通じないのかと思っていたら岐阜でも使うんですね。驚きつつそう娘に言ったら「けなるい?何それ?」とけげんな顔をされてしまいました。今の子は使わないんですかねぇ。
「けなるい」「うらやましい」という意味で、「うらやましくなるよ」となると「けなるなるが」。「みんなにうらやましがられるよ」は「ねねちゃんにけなるがられるが」。「うらやましいでしょう」は「けなりぃだらぁ~」。
昔は何も考えずによく使っていましたが、こうして見直すと、何語なのか?何かの呪文なのか?はたまた怪獣の名前なのか?って感じですね。

あじさいの里

2018-06-25
先日、愛知県蒲郡市にある 形原温泉あじさいの里に行ってきました。
なんと、5万株のアジサイが咲きほこり、ちょうど見頃の時期だったという事もあり、目の前は壮大な景色が広がっていました。園内を歩くと、たくさんのアジサイの種類が並べられているコーナーがあります。ピンクや青、紫、白など色とりどりの珍しいアジサイが展示されており、花の形や大きさなど様々でとても綺麗でした。ポップコーンこんぺいとうジューンブライドなど品種の名前もおもしろく、それも見どころです。
ぐるっと一回りし、途中でお抹茶とおまんじゅうを頂きながらアジサイを眺めていると、日頃の慌ただしさから解放され心がとても癒されました。
また、夜にはライトアップもされていて とても幻想的だそうです。来年は、ぜひ夜の景色を見たいものです。川上

佐久島 is Beautiful

2018-05-07
ゴールデンウィークの休暇を利用して、今年は日帰りで佐久島へ行ってきました。
風はあったもののいい天気に恵まれ、一色港からの乗船場には人が溢れかえっていました。臨時便を待つこと1時間。高い波に揺られながら20分程で島へ到着することが出来ました。
透き通ったきれいな海、鮮やかな緑の木々、黒壁の迷路のような路地を歩いていると、お隣の市にいるとは思えないほど自然豊かな風景に癒されながら、島の名所やアート作品を眺めてブラブラとお散歩を満喫することが出来ました。
子どもたちは、島全体で20もあるスタンプラリーを楽しむべく、途中で自転車をレンタルして、地図を片手に協力してあちこち巡っていましたよ。
名物の大アサリ丼や生タコ、焼き牡蠣を食べることができ、有意義な1日を過ごすことができました♪(by山田)
 

―――――――――――――――

株式会社ビジネスセンター岬屋
愛知県碧南市羽根町2-5
TEL.0566-41-0977
FAX.0566-48-3318
─────────―─────
1 コンピュータ ソフトウエア

 複合機 電話機 LED販売リース
2 オフィス用品 オフィス家具

 文具販売
3 ネットワークLAN工事

 インターネット接続
4 オフィス用品・生活雑貨の

 通信販売

愛知県・碧南市・高浜市・西尾市・安城市南部・刈谷市南部
────────────―──
当サイト上での通信販売は行っておりません

TOPへ戻る